地域に貢献する医師を顕彰

日本医師会 赤ひげ大賞

都市、郊外、地方、離島など、状況や課題が異なるそれぞれの地域において、多くの医師が住民の健やかな生活を支えるために奮闘しています。困った時にはいつでもどこでも医療が受けられる、その安心を支えるのが全国の赤ひげ先生です。

本賞は、地域の実情に応じて創意工夫をこらし、住民への熱い思いをもって地道に医療活動を続ける医師を顕彰することで、地域医療の充実や次代を担う人材の育成に寄与することを願って創設しました。

受賞者は日本医師会が考えるかかりつけ医の理想像です。多くの方々がこのような医師と巡り会い、「かかりつけ医」として頂くことを願っています。

第10回「日本医師会 赤ひげ大賞」受賞者
第10回「日本医師会 赤ひげ大賞」受賞者
詳しくはこちら
page top